このブログは子育てに奮闘する人に送るブログ。ちょうどいいボリュームで子育てを取り巻く世の中の出来事やお役立ち情報を発信しますね!もちろん子育て世代以外の方にも役立つ情報たくさん!

[必見]3DCG映画『ドラゴンクエストユアストーリー』公開決定!!親になったからこそ観たい作品

出典
ドラゴンクエスト公式サイト

こんにちは。僕です。
なんとドラクエの映画が公開決定しました!

その名も『ドラゴンクエストユアストーリー』!!!!

2019年8月2日公開予定です!

ドラゴンクエストユアストーリー 公式サイト

 

そしてその原案は・・・
なんとドラクエ5!
まだ公開前なのでわかっていることは少ないのですが、現段階の情報をかき集めました!
新しい情報が入手出来れば、その都度更新します!

 

*この記事は「ドラクエ5」のネタバレを盛大に含みます。

まだプレイしていない方はご注意!

 原案ドラクエ5の概要を復習!

1992年9月27日発売のドラクエシリーズ初のスーパーファミコン(SFC)ソフト。
天空シリーズの2作目としてリリースされ、この作品のファンは多く、リメイクを重ねSFC以外にもPS2・DS版も発売されました。
キャッチコピーはそれぞれのリメイクごとに設定されており、SFC版は「愛がある、冒険がある、人生がある。」PS2版は「強き心は時を越えて」DS版は「冒険という、もう一つの人生」。

 親子3代に渡る壮大なストーリーが魅力で、物語中盤に結婚という人生の大きなイベントがあります。ここで誰と結婚するかは当時プレイヤーを非常に悩ませました。

まさに主人公の人生を経験するゲーム・・・!

さらにモンスターを仲間にするシステムが初導入されました。
主人公の旅の目的は魔王を倒すことがドラクエシリーズの基本でしたが、本作では「母を探すこと」が目的となっており、魔王の存在が明らかになるのも物語の終盤です。
このように、当時今までのようなシナリオではなく、主人公の人生を共に歩むといった少し変わった構成が話題となっていました。

3DCGってなに?

そんなドラクエ5を原案とした3DCG映画『ドラゴンクエストユアストーリー』ですが、3DCG映画とはどんな映画か疑問ですね!
ただこの3DCGをちゃんと説明すると、それだけで1記事書けちゃうくらいのボリュームになってしまうので、簡単に説明します。

 従来は2Dと言われる「セル」とよばれる透明シートに絵を書き、それを何枚も重ねてひとつの映像を作っていました。
しかし、3DCGは完全にコンピュータを使って、キャラクターにプログラムで動かし動画を構成する手法。「STAND BY MEドラえもん」が3DCGで制作されているので比べると従来のアニメとの違いが理解しやすいと思います。

STAND BY MEドラえもん メイキング youtube

監督は山崎 貴さん!

監督の山崎 貴さんの代表作は多くあります。
例えば先程の例で出てきたSTAND BY MEドラえもんも監督をつとめています。(共同監督)
他にもリターナー(2002年)やALWAYS三丁目の夕日(2005年)、DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年)など多くの邦画に監督として参加しています。
さらにテレビドラマやCM、BUMP OF CHICKENのPVなども。
ALWAYS三丁目の夕日では日本アカデミー賞、最優秀監督賞を受賞するなど、実績も素晴らしい監督です!

あの頃ドラクエ5をプレイした僕らが観るべき理由

ドラクエ5を始めてプレイした当時、小学生~高校生くらいの方が多いのでは。
そして、そのころプレイした僕たちも色んな経験をして、大人になりました。辛いことや上手くいかないこと沢山あったし、(石になったり、奴隷になったりはないけどね。)これからもきっとたくさんあります。
そして子供が生まれたら、自分の人生は子供が中心になってくると思います。

 親の愛に気付かなかった。

人生で色んな選択をしてきた。

子供が生まれ、人生の主役は子供になった。

 それは、ドラクエ5と重なる部分があると思います。
親から自分、自分から子供への愛のリレーのような、親子3代の冒険の旅を昔プレイしたときと違う気持ちで楽しめるかもしれません。
そんな視点でも楽しみたい、『ドラゴンクエストユアストーリー』注目の1作です!

 

コメント