このブログは子育てに奮闘する人に送るブログ。ちょうどいいボリュームで子育てを取り巻く世の中の出来事やお役立ち情報を発信しますね!もちろん子育て世代以外の方にも役立つ情報たくさん!

0歳から3歳までの絵本読み聞かせのポイントを現役育児ライターが解説

こんにちは。 子育て奮闘中プロライターの「まこと」です。

子育て中の皆さんのお家には大体あるアイテム「絵本」。

僕

絵本を持ってくる子どもの笑顔、かわいいですよねえ・・・

しかし、絵本の効果は子どもの笑顔を引き出すだけではありませんよ。

絵本の効果、皆さん、意識していますか?

絵本は子どもはもちろん、大人にもいい影響があります。

今回は、

  • 絵本が与える子どもへの効果
  • 大人への効果
  • 世界中で広がり、日本でも自治体が力を入れているブックスタート

について の3つを解説します。

絵本が生む赤ちゃん~幼児への読み聞かせの効果とは?

まず、皆さん何となく理解していると思いますが、赤ちゃん~幼児への読み聞かせの効果についておさらいしましょう。

言葉に対する興味や想像力・感情の豊かさを育む

赤ちゃん~幼児はまだまだ発達途中。

言葉に対する興味や想像力・感情の豊かさはぐんぐん伸びていきます。

また、想像力や豊かな感情は生きていくための基礎ですよね。

加えて、絵本を通じてコミュニケーションを取ると、子どもの承認欲求を満たすことにもなります。

結果的に子どもの心の安定にも繋がります。

子どもの「やってみたい!」を引き出す

幼児期になってくると「やってみたい!」が増えてきます。

絵本の時間を増やすと、とても楽しそうに絵本を何冊も持ってくるように。

これは、「やってみたい!」のひとつ、「選びたい!」「読みたい!」などの表れです。

また、絵本を読んでいる間に、絵本に登場するキャラクターのお絵かきに挑戦しようとする子もいます。

もちろん「お絵かき」は難しいものですし、上手くいかなくて泣いてしまうこともあるでしょう。

そんなとき、子どもと一緒に親も絵を書いてあげれば、子どもの「やってみたい!」という向上心を伸ばしてあげられますよね。

子どもに「気づき」を促す

何度も同じ絵本を「読んで!」と持ってくることがありますよね。

親からすれば、

僕

「またですか・・・さっきも読みましたよ・・・」

となりますよね。

わかります。とても。

 

しかし、子どもは同じ本を読んでいても、毎回色んな気づきをしているものです。

できれば、子どもの気が済むまで付き合ってあげたいですよね。

また、子どもによって好き嫌いがありますが、色々なジャンルの本をたくさん読んであげるといいですね。

「気づき」のきっかけを多く与えてあげるのも、楽しいものです。

語彙力の向上

絵本を読んであげる親としては、少なからず語彙力の向上を期待しているかもしれませんね。

まさしくその通り、絵本を読み聞かせることで語彙力の向上の効果があります。

読み聞かせを積極的に行った場合とそうでない場合を比較すると、その語彙力の差は3~5歳の間で顕著に表れるそうです。

また、語彙力はコミュニケーション能力や国語力などにも直結します。

読み聞かせの方法は大きく分けて2つ

ここまでお読み頂いて、「絵本の効果」については理解いただけたと思います。

次は、読み聞かせの方法について大きく2つに分けてみたので確認してみましょう。

共有しながら絵本を読む方法

共有しながら絵本を読むとは、子どもに合わせてコミュニケーションをとる読み聞かせ方法です。

具体的には、

  • パパやママも一緒に絵本を楽しむ
  • 子どもに興味やスピードに合わせて読む
  • 読んだ内容に対して、悲しい・楽しいなど、子どもがどう感じたかを大切にする
  • 子ども自身が、内容や登場人物の感情などについて考える余地を残しておく

といった読み方をすればいいでしょう。 また、この読み方の最大の効果は、親子の楽しい会話が生まれることです。

強制的に絵本を読む方法はデメリットが多い

強制的に絵本を読む方法は、先程お伝えした共有しながら絵本を読む方法と相反する読み方です。

具体的には、

  • パパやママが読ませたい本を子どもに読ませる
  • パパやママが読んだ内容を子どもに完全に理解させようとする
  • 子どもにこちらが望む感想を求める
  • 子どもが感じたり、考えたりしたことへの正誤を求める

といった読み方です。

このような読み方ですと、ペースを握っているのは親になってしまいます。

そうなってしまうと、子どもは内容の理解・吸収が遅くなりますし、自分の意見を伝えてはいけないと思うでしょう。

年齢別!読み聞かせのポイント

読み聞かせは親子で一緒に絵本を楽しむほうが、子どもの力が伸びると言えます。

ここでは、年齢別にパパ・ママが意識したい読み聞かせのポイントを解説します。

0~1歳

0~1歳はまだ視力も弱いので、反応が薄いこともあるでしょう。

こちらとしても、読みごたえに欠ける時期でもありますし、何となく声掛けも少なくなってしまうかもしれません。

僕

ただ、反応は薄くても、声はちゃんと聞こえています!

絵本を読んであげれば色んな言葉を聞かせてあげられますし、生後3ヵ月ころには笑顔も出てきます。

優しくゆっくりと「言葉を聞かせてあげる」くらいの気持ちで絵本を読んであげましょう

1~2歳

1~2歳は、身体が動くようになり、子どもにとってそれが楽しいとき。

じっとおとなしく絵本を読むのも、難しいときがあるかもしれませんね。

これはもう、仕方がないことなので、無理に読ませる・こちらが読む必要はありません。

加えて、この年齢はストーリーよりも絵や言葉そのものを楽しんでいるので、「言葉遊び絵本」もいいかもしれませんね。

2~3歳

2~3歳になると、単純なストーリーなら理解できます。

とはいっても、一度でストーリーを理解するのはまだ難しい年齢です。

もちろん、数回繰り返せばストーリーの理解もできますし、キャラクターの感情の理解もできるようになってきます。

「泣いているね」や「喜んでいるね」など感情も併せて読み聞かせてあげるといいですね。

子どもも、ちょっとした感想や意見を言うことがあるので、成長を感じる場面も多いですよ。

3歳以降

3歳以降になると、少しずつストーリーの内容が理解できるようになってきます。

また、物事への興味が大きくなってくるので、絵本の内容の全てを理解できていなくても興味があるようなら読み聞かせてもよいでしょう。

僕

読む絵本の対象年齢に囚われる必要はありません。

赤ちゃん向けの絵本を読みたがることもあれば、反対にまだ難しいと思うような本を読みたがることがあります 。

これは、読み返したり、想像したりすることで「新しい発見をして楽しむ」という経験をしているのです。

実際に読み聞かせる時は、子どもの想像力を阻害しないような読み方をしてあげるとよいでしょう。

たとえば、派手な演出はせずに物静かに読み聞かせるといいですね。

読み聞かせは大人への効果もある

「読み聞かせは子どものため」と思っていませんか? ところが、大人にとっても読み聞かせは良い効果が期待できると言われています。

自然と笑顔になれる

子どもにとって、絵本を読んでもらうときの身体の触れ合いは最高に心地良い時間です。

パパやママのひざに座って優しい声で絵本を読み聞かせてもらう。

優しい声と密着で、子どもは安心できて笑顔になっていないでしょうか。

その笑顔を見ると、自然とこちらも笑顔になってしまいますよね。

ゆっくりとした時間が流れ、ストレス減少の効果が期待できる

大人は毎日家事や仕事に追われていますよね。

でも、絵本を開いている時間は、何となく時間の流れがゆっくりになっていませんか?

かわいい絵本をゆっくりと優しい声で読み聞かせて、次のページを開く。

そんな時間は赤ちゃんにとっても、大人にとっても安らぐ時間になります。

このような効果から、読み聞かせの時間が多いと子育てのストレスの減少が期待できるといった研究結果もでています。

大人向けの「絵本セラピー」というものもあるくらいです。

転載:「本の読み方」で学力は決まる

 

とはいっても、なかなか月に2000分(30時間程度)の読み聞かせの時間をつくるのは難しい!といったご家庭もあるかもしれません。

まずは、その本棚にある1冊を手に取って、ゆっくりとした時間を過ごすことからみませんか?

世界で広まっているブックスタート

まさに先程お伝えしたような、「ゆっくりとした、心地良い時間」を全ての赤ちゃんに届けよう!という活動がブックスタートです。

ブックスタートは赤ちゃんと絵本を開き、読み、聞かせることで楽しいひとときを分かち合うことを目的として始まった活動で、1992年にイギリスで発祥。

日本では市区町村の自治体を中心に実施されています。

図書館・保健センター・子育て支援課・市民ボランティアなどが、赤ちゃんの幸せを願う気持ちを共有し、事業を運営しています。

最近では、メディアでも取り上げられており、注目の活動なのです。

まとめ

ここまで、絵本を読み聞かせる効果とコツについてお伝えしてきました。

今まで、あまり絵本を読んであげていなかったご家庭もあると思います。

しかし、子どもとのコミュニケーションの1つとして絵本を活用してみるのもいいのではないでしょうか。

また、絵本を読んでもらった経験はお子さんが大人になった時、楽しかった思い出として残ります

思い出に残るように、お子さんと一緒に楽しい時間の共有をしていきたいですね。

コメント